プロフィール詳細と、わが家の現状

プロフィール詳細とわが家の現状はじめての方へ

はじめまして。
「あなたもtry!節約大作戦」の運営者、maoです。

関東在住の40代の主婦。結婚後はサイト運営やライティングのお仕事で個人事業主をしていましたが、1年ほど前に廃業。現在専業主婦をしています。

同い年の夫、長男(高3)、長女(高1)、次女(中1)との5人で関東で暮らしています。

別サイト「離乳食を作ろう。」も運営しています。

離乳食を作ろう。
フリージングで簡単離乳食

節約のきっかけは学生結婚

夫とは学生結婚でした。

夫は地元九州で大学院生、私は関東で社会人という遠距離恋愛を続けていましたが、離れ離れの生活も長く続かず、学生結婚に踏み切りました。

結婚と同時に私が大手企業を退職して地元に戻り、収入激減!この学生結婚をしたことが本格的な節約生活の始まりでした。

「節約しないと生きていけない…」という超極貧時代(笑)できる節約術は何でも取り入れ、当時を思い出すと恥ずかしくなるくらいのストイックな節約生活をしていました。

 

その当時の家計や、とことんやっていた節約術…というよりわが家の黒歴史?については、以下の記事で書いています。

【究極の節約術】貧乏2人暮らし。食費1万5千円でやりくりする方法
以前某テレビ番組で「1か月1万円生活」が放送されていましたが、私たち夫婦が2人暮らしを始めた頃は、まさにそんな生活をしていました。 今だったら「本当にそこまでやる?!」というようなこともしていました。 若かったし、体力も時間...
【究極の節約術】貧乏ふたり暮らし時代の光熱費
仕事を退職して彼(現在の夫)と同棲・学生結婚した当初は、本当にお金がありませんでした。 当時は食費を2人で1万5000円以内におさめるため、かなり頑張って節約をしていました。 もちろん食費だけでな...
【家計簿公開】貧乏ふたり暮らし時代の家計簿
先日、退職して彼(今の夫)とふたり暮らしをしていた時代のお話を書きました。 その当時の家計簿のデータがまだ残っていたので、公開します! 家計はかなりシビアな状況です。 2004年1月の家計簿 項目 予算...

この苦しい時代に誕生したのがこのサイト、「あなたもtry!節約大作戦」です。

 

夫は大学院の博士課程を修了し、無事に職を得ることができました。子どもにも恵まれ、長男、長女、次女と3人の子どもたちがやってきてくれました。

やっと人並みと言えるような生活水準になり、子ども中心の生活になり、節約に対する考え方も少し変わりました。

1円でも切り詰めるというギシギシした生活をやめ、なるべくお金をかけずに生活を楽しむ方法を考えるようになりました。

それが今のわが家の生活につながっています。

わが家の現状

中高生が3人いるわが家。子どもたちが幼い時よりもグンとお金がかかるようになりました。

まず、食費!

それから、習い事や部活、塾(わが家は通信教育ですが)などの教育費も年々膨らんでいます。

子どもたちの交友関係や行動範囲や広がり、交際費などもかかってきます。

子どもたちにかかる教育費が、ここ数年で激増する予定

子どもたち3人が大学に進学する、来年から約10年間が、わが家の教育費の最大の山場となります。

 

長男は公立の進学校に通う高3。今年大学受験を控えています。

自宅から通える国公立大学を目指していますが、こればかりはどうなるか分かりません。

本人の希望が叶ったとしても、大学への進学費用は高いですよね。

理系で大学院修士課程まで進むつもりのようなので、少なくとも6年間の学費が必要です。

 

長女は高1。この春長男と同じ高校に合格し、大学進学を目指しています。

長女が学びたい分野を専攻できる大学は限られていて、自宅から通える大学はごくわずか。

もし私立大学で一人暮らしなんてことになったら…。こちらも気がかりです。

 

そして次女は中1。大学進学の前にまずは高校受験。

今のところ家庭学習は進研ゼミのみですが、いずれは塾なども視野に入れて対策することになりそうです。

 

一番おそろしいのが6年後の、次女が大学1年生の年。

次女(大学1年)、長女(大学4年)、長男(大学院修士2年)と、大学の学費が3人分!!

ちなみに夫の大学院時代の奨学金も、絶賛返済中です…。

1年で一体いくらかかるのだろうか…。考えただけで怖すぎます。とにかく節約するしかありませんね。

73歳まで続く、住宅ローンの返済

子どもたちの学費と同じくらい気がかりなのが、住宅ローンの返済です。

わが家は夫が38歳の時、念願のマイホームを取得しました。関東の片田舎とはいえ、土地にも建物にも想定以上のお金がかかりました。

マイホームを建てたことについては後悔はないのですが、やはり35年の住宅ローンは重い!

毎月の返済が家計に重くのしかかっています。

しかも繰り上げ返済をしない限り、73歳まで続きます。

子どもたちが大学を卒業して学費がかからなくなったら、繰り上げ返済をして返済期間を短縮したい!

そんな目標があります。

せっかくキレイなマイホームを手に入れたのだから、家で過ごす時間も楽しみながら節約生活をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました