もっと節約できるかも!買い物に行く時の心がけ

私は元々買い物が好きで、「これおいしそう!」「新商品だ!」とついつい買ってしまいがちです。でも節約生活にそれは厳禁!

私が買い物に行く時、無駄づかいをなるべくしないために心掛けていることを以下に紹介します。

スポンサーリンク

商品の底値を知り、買う時の参考に!

底値とは、商品の最安値のことです。底値を把握して、買い物に行った時に買うかどうかの判断材料にしています。

チラシを細かくチェックする

チラシは欠かさずチェックします。曜日ごとの特売情報などスーパーの傾向が分かります。

わが家では現在新聞を購読していませんが、ネットを活用しています。近所のスーパーのほとんどがホームページでチラシを公開しているので、必ずチェックするようにしています。

底値より高い商品はなるべく買わない

少し安いと感じる商品でも底値より高かったらなるべく買わないようにします。

でも、意地を張りすぎると何も買えずにストレスがたまるだけなので、要注意です(笑)

基準金額を定める

底値帳をつけて底値より安いものを買うことができればベストですが、安いときに買いに行けなかったり…なかなかうまくいかないこともあります。

そこで、基準金額定めてこの金額より安い時に買うようにしています。そうするとストレスもたまりません。

買い物術あれこれ

買い物に行った時に買いすぎない、無駄なものをなるべく買わないようにするコツをまとめました。参考になればうれしいです。

献立を決めて買い物をしない

あらかじめ献立を立ててから買い物に行くと、買わなければならない食材が決まってしまいます。

結局、少々高めのもの、底値でないものを買わなければならないケースが出てきます。

そこでわが家ではまず安いものを買ってから、その中で献立を決めるようにしています。

在庫を把握して、二重買いを防ぐ

安いからといって同じものをいくつも買い、結局食べ切れなかった…なんてこと、ありませんか?

在庫はしっかりチェックしておくことが重要です。

在庫を把握しやすくするために、冷蔵庫内は整理しておくのもポイント。在庫リストを冷蔵庫のドア部分に貼っておくと便利です。

予算額しか財布に入れない

ある意味究極ですが、買いすぎないためにはお財布に余計なお金は入れておかないのが一番(笑)

特売日は特売品しか買わない

特売品はお得ですが、実は他の商品も買わせるための「オトリ」でもあります。

以前は、特売品目当てに買い物に行ったら、ついでに他のものまで買ってしまうことがよくありました。

特売日は「なるべく特売商品しか買わないぞ」と心に決めて行くようにしています。

お腹が空いている時に買い物に行かない

お腹が空いている時に買い物に行くと、なぜか食料品をたくさん買いすぎてしまいます。

逆にお腹いっぱいの時に買い物に行くと、あまり買う気が起きない…、そんな経験があるのは私だけではないハズ…。

空腹のときは少し小腹を満たしてから買い物に行くと、買いたい欲を押さえることができますよ(笑)

別記事、食費の節約には「まとめ買い」がマスト?!わが家が実践した結果も合わせてお読みいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする