制服スカートのサイズ直しを自宅で。プリーツスカートの丈出し

制服スカートの丈出しセルフで節約

わが家の次女(中1)、最近ぐんぐん身長が伸びています。

制服は長女のお下がりなのですが、

次女の公立中学校の入学準備にかかった費用(お下がりありの場合)
以前の記事で長女の公立高校進学にかかったお金の話をしました。 わが家では4月は次女の中学校入学もあり、ダブル入学でお金がかかりました。 少し時間が経ってしまいましたが、今日は次女の中学校入学までにかかった費用について記録...

いつの間にか長女の身長を追い越してしまった次女。

入学準備をしていた2月頃はサイズぴったりだったのに、ここ数ヶ月でスカート丈が若干短い…??

次女も「まだ校則違反じゃないよね?」と心配していたので、夏休み中にサイズ直しに出そうと思っていました。

 

が、プリーツスカートの制服のお直しって、結構費用がかかるんですね!

丈出しで1着3000円〜4000円ほど。

冬服と夏服両方お願いすると、結構な出費です(汗)
家族5人でお寿司が食べられる…

何とか自宅で丈出しできないかな?

と、先日の3連休中にチャレンジしてみることにしました。

プリーツスカートの丈出し

次女の制服の夏スカート、元の状態がこちら。

丈が短くなった制服スカート

プリーツがたくさんあるので大変そうですが、もし自分でできそうになかったらプロにお願いすればいいか、くらいの気持ちで取り掛かることにしました。

丈出しできる長さを確認し、ほどく

スカートの裾をめくってみると、

スカート丈に10㎝の余裕あり

ちょうど10㎝のところで折り返されていました。

これなら5~6㎝は丈が伸ばせそう!

とりあえず裾をほどいてみることにしました。
プリーツスカートは距離が長い!無心で1周ほどきます。

丈を6㎝伸ばし、アイロンがけ

次女は現在進行形で背が伸びているので(私ももうすぐ追い越されそう…)、スカート丈を6㎝伸ばすことにしました。

裾をほどいたら、裾から4㎝のところで折り目をつけていきます。

スカート丈を6㎝伸ばす

長女がすでに3年間着用していたこともあり、折り目が結構ついています。

霧吹きをしてからアイロンを当てて、元の折り目をしっかり伸ばしていきました(プリーツも取れてしまうので、やりすぎ注意)。

スカート裾をまつり縫い

ぐるっと一周アイロンで新しい折り目をつけたら、まち針でとめて

新しい折り目をまち針でとめる

 

裾をまつっていきます。

手縫いはあまり得意ではないのですが、縫い目がなるべく表に出ないように、丁寧にまつり縫いをしていきます。

だいぶ進んだかな?と思ってみても、まだ30㎝ほどしか縫えてない(涙)

スカート丈お直し、まつり縫い

私の手縫いが亀のようなスピードなので時間がかかりましたが、

お直し代が浮けば、家族5人分のお寿司代になる…!

と思いながら、頑張って縫い進めました。

両サイドの裾を縫い合わせる

スカート裾のまつり縫いはなんとか終了!

まつり縫い完了!

一見これで完成のように見えますが…

 

スカートの丈出し(サイド)

最初にほどいた裾部分の、前スカートと後ろスカートの処理がまだ残っています。

 

ここはミシンで縫い合わせて(ミシン早い!楽!)、

前スカートと後ろスカートを縫い合わせる

 

サイドがもたつかないように、三角形に縫って、

スカートの丈出し(サイドの処理)

 

裏表、当て布をしながらしっかりアイロンをかけて完成!!

プリーツスカートの丈出し完了!

元々の折り目もだいぶ目立たなくなりました。

夏休み中に冬スカートにもチャレンジ!

時間はかかりましたが、無事に制服スカートの丈出しをすることができました。

元々お直しに出すつもりでいたので、数千円の費用を浮かすことができてうれしい♪

手縫い部分が多かったので少し大変でしたが、ミシンのまつり縫い機能がうまく使える方ならもっと楽にできるのではないかと思います。

 

今回は夏服のスカートをお直ししましたが、冬服のスカートも丈出ししないと!

次は夏休み期間を利用して、ゆっくり仕上げようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました