【子供の教育資金】学資保険で損をしないプランを選ぶポイント

学資保険のプランを選ぶポイントわが家の貯金ルール

わが家がソニー生命の学資保険に加入していることは、前回の記事に書きました。

【子どもの教育資金】わが家が選んだのは、ソニー生命の学資保険
子どもの大学進学にはものすごくお金がかかります。 先日の記事で、児童手当を確実に貯蓄に回す方法をご紹介しました。 毎月定額を順調に貯められればいいのですが、つい入金を忘れてしまったり、ちょっと家計が苦しくなった時に貯金を...

学資保険には色んなプランが用意されています。

「どんなプランを選んだらいいかわからない」、そういう方のために、ソニー生命のプランや実際のわが家の例を挙げて書いていきます。

学資保険を選ぶ時のポイント

わが家が学資保険を選んだ時に重視したことや、契約の際に注意したことは以下の4点です。

貯蓄性の高さ

ソニー生命の学資保険は、貯蓄性が高いのが大きな魅力。

返戻率が100%以上の(払込保険料の総額よりも、受け取り金額の方が高い)学資保険を選べば、損をすることなく確実に貯められるのでおすすめです。

 

別の保険会社のものの中には、子どもの医療保障がついたタイプの学資保険もありますが、こちらは返戻率が100%を切ることが多いので注意が必要です。

子供の医療費は、乳幼児医療制度を使えばほとんどかからないので、医療保障のついてないタイプを選びました。

学資金を受け取る時期

満期学資金を受け取るタイミングは、数タイプの中から選べます。

わが家の子どもたちは早生まれで、18歳満期型だと大学入学後にしか学資金を受け取れません。

受験料や入学金の準備に確実に間に合うよう、17歳満期型を選びました。

受け取る学資金と、保険料の額

子どもが生まれてから17年間払っていくわけですから、長い期間払っていける、無理のない保険料を設定したいところ。

わが家の長男・長女の場合、大学入学前に学資保険で300万円用意したいと考えました。

ソニー生命では、保険料のシミュレーションができます。

学資保険のシミュレーション | 学資金準備スクエア | ソニー生命保険
貯蓄性が人気のソニー生命の学資保険。インターネット上で学資保険の保険プランを設計したり、各ご家庭にあった教育費の準備について、ライフプランナーにご相談お申し込みをすることができます。

受取学資金の総額を入力すると、月々の保険料が表示されるので、参考になります。

もし支払いが困難になり途中解約をすると損をするので、無理せず、計画的に、支払いできる額を設定する必要があります

払い方でも返戻率が変わる

年払いにすると、月払いよりも保険料が安くなる(=返戻率が高くなる)ため、わが家は年払いを選びました。

 

また、次女については0歳の時に保険料を一括で払い込み済です。

当時、当分使う予定のない貯金があったので、保険料を一括で支払い、17歳満期時に250万円を受け取れるプランを選びました。
本当は上の2人と同じ額の300万円受け取れるようにしたかったのですが、そこまで手持ちのお金を減らすとちょっと不安だったので…。

一括払いにすることで返戻率がかなり高くなりました(現在もそのプランの取り扱いがあるのかどうかは分かりません)。

 

現在は、10歳までに保険料を払い込むプランがあり、18歳満期よりも高い返戻率になるとのこと。

子供が中学生になると塾にお金がかかるようになるので、小学生のうちに払い込んでおくプランも良さそうですね。

もうすぐ満期を迎える長男

わが家の長男は高校3年生。
学資保険も、今年の秋に満期を迎えます。

大学進学を控え、

  • 学資金 300万円
  • 児童手当貯金 約220万円

を長男分の教育資金として準備できそうです。

進学先によってはこれでも足りないと思いますが、とりあえずの軍資金としては心強いです。

長男の受験勉強を応援しながら、これからも節約生活を続けていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました