冷蔵庫の節電術、使い方にひと工夫で省エネに!

私たちの暮らしに欠かせない家電製品のひとつといえば、冷蔵庫。1日24時間、毎日フル稼働で私たちの生活を支えてくれています。

一方で、消費電力が高い家電であることは間違いありません。

だからこそ、ちょっと節電を意識して冷蔵庫の使い方を見直すだけで、電気代の節約につながるんです。

スポンサーリンク

冷蔵庫の設定や設置場所に注意する

冷蔵庫の温度設定は基本的に「中」でOK

冷蔵庫には温度を調節できるツマミやボタンがついています。
もし初期設定で「強」になったままだったら、「中」にするだけで節電効果があります。

本来室温が高い夏場は「強」、低い冬場は「弱」にするなど、季節や室温に合わせて調節するものですが、最近はエアコンを使うご家庭が多く室温の変化はさほど大きくないため、年間通して「中」のままでも問題なさそうです。

置き場所に気を付ける

冷蔵庫の周りの温度を下げると、消費電力は減ります。冷蔵庫は陽の当たらない涼しい場所に置きましょう。
また、冷蔵庫に熱がこもってしまうと余分な電力を使ってしまうため、背面・両脇・上に隙間をあけておくのもポイントです。

冷蔵庫の使い方にひと工夫

ドアの開閉時間を減らす

冷蔵庫は、ドアの開閉回数や時間が多くなるほど電力を消費します。
開閉回数・時間を減らすためには、冷蔵庫の中身を把握しておくのが一番!入っているものをリストアップして冷蔵庫のドア部分に貼っておくと便利です。
面倒くさがりの私は、入れるものをそれぞれ定位置に置くようにして、探す時間が短くてすむようにしています。常に整理整頓された状態がベスト!

水筒を利用してドアの開閉を減らす

我が家は夏になると大き目の水筒(保温・冷がきく魔法瓶タイプのやつ)に麦茶を入れて、冷蔵庫を開ける回数を減らしてます。氷を多めに入れると、次の日まで麦茶は冷たい状態ですよ☆夏は飲み物を出すのに冷蔵庫を開ける回数が増えると思うので、これで電気代節約!
                          情報提供:なごみさん

冷蔵庫にはものを詰め込みすぎない

詰め込みすぎは消費電力がアップするだけでなく、物を探すにも時間がかかってしまいます。容量は80%くらいを目安に しましょう。

熱いものは冷ましてから入れる

熱いままの食品を冷蔵庫に入れると庫内の温度が上がってしまい、温度を下げるために多くの電力を使うことになります。熱いものは冷ましてから入れるようにしましょう。

新型の冷蔵庫の買い替える

冷蔵庫の省エネ性は年々改善されていて、「古い冷蔵庫を最新型のものに買い替えただけで電気代が安くなった!」という話をよく耳にします。10年前の冷蔵庫に比べると消費電力が半分近くまで減っているというデータもあります。

「そろそろ寿命かな?」と感じ始めたら、思い切って冷蔵庫を買い替えるというのも節約の近道なのかもしれませんね。(わが家の冷蔵庫も10年目。製氷機能がちょっとおかしいし、そろそろ…?!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする