お掃除メモ

基本編 汚れの種類と対処法

油の汚れ

・主に、調理の際に飛び散る油と、手足などから分泌される皮脂の汚れとがあります。

・最初は液状ですが、次第に粘り気が出てきて最終的には固くなり、こうなると汚れを落とすのは大変。液状のうちに処理するのが理想です。

・基本的に油汚れは中性洗剤でこすり落とせます。

水性の汚れ(茶色)

・ヌルヌルした茶色い汚れで、放っておくとプリン状になり、そこに雑菌が繁殖したりするので不衛生です。

・水とともに拭いたりこすり落とします。

水性の汚れ(白)

・水の中のカルシウムやマグネシウムが固まったもの。水に濡れると見えにくくなり、乾くと白く見えます。

・乾燥するとこすっても落ちないやっかいものですが、酢(食用、酢酸どちらでも可)をかけてこすり洗いすると落とせます。

固体の汚れ

・ホコリ、繊維くずなどがあてはまります。

・掃除の基本は「上から下へ」。棚の上などのホコリを落としてから、最後に床の掃除をします。

・ホコリが空中を舞っている時ではなく、棚の上や床の上に落ちた時が掃除の狙い目です。

特殊な汚れ

・食べこぼしたシミなどは時間がたつほど落としにくくなるので、汚れた時に掃除しましょう。

キッチン編

ちょこちょこっと掃除が効果的

食器洗いがすんだ後などに、シンクまわりのはねた水を拭いておきます。ついでにガスレンジなどもざっと拭きます。ちょっとしたことですが、こうして拭いておくだけであとの掃除が全然違います。

新聞やボロ布を常備

これが意外と便利なんです。ちょっと油がとんだときや汚れた時に新聞紙や布の切れ端でささっと拭いて、あとは捨てるだけ。わが家では欠かせない存在になっています。

アルミホイルでカバー

コンロの回りはすぐに油はねで汚れてしまい、掃除も大変ですが、レンジガードって意外と高いですよね。そこで、わが家ではアルミホイルとダンボールで手作りしています。
適当な大きさのダンボールにアルミホイルをかぶせ、裏でセロハンテープで固定します。これをガス台に立てかけるだけです。大きさも自分の好みに合わせられますし、汚れたらアルミホイルを取り替えるだけでOKです。
他にも、ガスホースなどにホイルを巻いておくのもおすすめです。

換気扇の掃除には重曹か小麦粉を

換気扇の掃除って厄介ですよね。ですが、換気扇のファンに重曹か小麦粉をまぶしてこすると、粉が油分を吸ってポロポロ落ちます。そのあと中性洗剤で洗ってよく拭いたらきれいになります。

黒ずんだ鍋でトマト料理

こすってもとれない黒ずんだ鍋でトマト料理を作ると、黒ずみがおちます。トマトに含まれる有機酸が黒ずみを落としてくれるのだそうです。

お風呂編

使った後はシャワーをひとかけ

浴室の壁に石鹸カスなどが付着するとカビのもとになります。浴室を使ったあと、壁にざっとシャワーをかけておくだけでずいぶん違うはずです。シャワーをかける前にざっとこするとより効果的です。これを続ければ、カビとり剤はほとんど必要なくなります。

タイルの目地にロウを塗るとカビ防止に

まず、タイルのカビをしっかり除いて乾燥させておくことが重要。それから目地にロウをしっかり塗りこみます。こうすると防水効果があってカビの発生を防ぐことができます。

シャワーヘッドの黒ずみをきれいに

シャワーヘッドは汚れがたまりやすいところですが、酢水に一晩つけておくときれいになります。目詰まりもとれます。

リビング編

畳の掃除は目に沿って

ほうきで掃く、掃除機をかける、拭き掃除をする、すべてに共通して言えるのは、畳掃除は「目に沿って」です。そうするとホコリなどがよくとれます。

ワックス代わりにお米のとぎ汁を利用

お米のとぎ汁はスプレー容器に入れて床に吹きかけます。5分ほどおいて汚れを浮き上がらせてから乾いた布で拭きあげるとピカピカになります。

カーペットの汚れにはゴム手袋を

カーペットのゴミや汚れは掃除機だけではなかなかとれないものですが、ゴム手袋をはめてカーペットをこすってみて下さい。髪の毛や細かいゴミがよくとれます。

ぞうきんがけの時はぞうきんを数枚用意

床をぞうきんがけするときにはあらかじめ3枚くらいぞうきんをしぼって置いておくのがおすすめです。1枚のぞうきんを汚れるたびにすすぐよりも効率が良いですし、汚れた水でぞうきんをすすぐこともないので、よりきれいになります。

小物のホコリとりは軍手を利用

棚の上にディスプレイしてある小物に積もるホコリって意外とたまりやすいものですが、こんな時は軍手が一番です。軍手をはめて小物を並べ替えたりなでたりするだけでホコリがとれます。軍手は洗濯したらまた使えるのでラクチンです。

窓・網戸編

窓ふきは新聞紙を使って

霧吹きなどを使って窓をぬらし、くしゃくしゃにした新聞紙で拭くときれいになります。仕上げに乾いたストッキングで磨くと、さらにピカピカになるのでオススメです。窓の汚れがひどい場合は、まずゴムべらでざっと汚れを落としておいた方がより効果的です。また、油汚れがついているようであれば、食器洗い用の中性洗剤をつけて拭くときれいになります。

網戸は水拭きで十分

網戸は、まずブラシなどで軽くほこりを落とします。その後ぞうきんで水拭きすればきれいになります。

掃除機で網戸をきれいに

1ヶ月に1回程度の定期的な網戸の掃除をする場合は、掃除機を使うのが便利です。網戸の部屋側に新聞紙をはり、外から掃除機をかけるだけできれいになります。汚れがこびりついている場合は、上の方法で水拭きしてくださいね。

サッシは歯ブラシと割り箸で

サッシの細かい部分は、古歯ブラシが便利です。水をつけた歯ブラシでこすります。汚れが固まってとれにくい場合は塩が効果的。水をスプレーし、塩をふりかけて数分おき、歯ブラシでこするだけで汚れがずいぶんとれます。最後に、歯ブラシにボロ布などを巻きつけたもので拭いて仕上げます。

<<くらしのまめ知識 あなたもTry!節約大作戦のトップへ お洗濯メモ>>