冷蔵保存のコツ

野菜編

キャベツ

・選び方 鮮やかな緑色でみずみずしく、持って重たいもの。
・保存法 ポリ袋に入れて野菜室へ。
丸のまま外葉から使っていく方が長持ちします。
カットしたものは切り口にラップをしておきます。

レタス

・選び方 巻きがしっかりしているもの。
・保存法 芯部分を切ってからラップで全体をきちんと包み、野菜室で保存します。

白菜

・選び方 張りとしまりがあり、持って重いもの。
・保存法 丸ごとの場合は表面の水気を拭いて新聞紙でくるみ、根元を下にして冷暗所で保存します。新聞紙が湿ってきたら新しいものと交換します。
カットしたものはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

ほうれん草

・選び方 緑色が濃く、葉先がピンとしているもの。
根元が赤い色をしているもの。
・保存法 湿らせた新聞紙かキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて野菜室へ。

小松菜

・選び方 葉が濃い緑色で、肉厚でピンと張りのあるもの。
・保存法 湿らせた新聞紙かキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて野菜室へ。

しゅんぎく

・選び方 全体が濃い緑色で茎が短く、あまり太くないもの。
・保存法 湿らせた新聞紙かキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて野菜室で立てて保存します。

チンゲンサイ

・選び方 肉厚で、鮮やかな緑色のもの。
・保存法 水気をつけたままポリ袋に入れ、口を閉じておきます。根元を下にして立てて野菜室で保存します。

セロリ

・選び方 葉が青々としていて茎が太く、切り口が新鮮なもの。
・保存法 葉と茎を分けてそれぞれ新聞紙で包み、ポリ袋に入れて野菜室へ。(葉をつけたままにするとが入る原因になるので注意!)

ねぎ

・選び方 葉が青々としていて茎が太く、切り口が新鮮なもの。
・保存法 湿らせた新聞に包んで野菜室で保存します。

にら

・選び方 濃い緑色で、葉がしおれたりせずにピンとしているもの。
・保存法 ぬらした新聞紙で包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存。

もやし

・選び方 茎が白くて張りがあるもの。
・保存法 傷みやすいのでその日に食べきるのが一番。
保存する場合はゆでて水気を切り、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。1〜2日以内に使い切ります。
もっと長くという場合は、ゆでて三杯酢などにつけて密閉容器に入れ冷蔵庫で保存すると9〜10日もちます。

グリーンアスパラ

・選び方 濃い緑色で穂先がしまり、切り口が白いもの。
・保存法 コップに水を1〜2cm入れ、立てて冷蔵庫に入れて絶えず水を補給すれば1週間くらいもちます。

ブロッコリー

・選び方 つぼみの部分がしまっていて、茎の切り口が新鮮なもの。
・保存法 ポリ袋に入れ、野菜室に立てて保存します。

きぬさや

・選び方 さやが薄く、豆の形が目立たないもの。
・保存法 ラップで包んで野菜室で保存します。

さやいんげん

・選び方 緑が濃く、先がとがっていてまっすぐなもの。しわがあるものは避ける。
・保存法 ラップで包んで野菜室で保存します。

オクラ

・選び方 へたの切り口が新鮮で、濃い緑色のもの。
・保存法 ラップに包んで野菜室へ。冬場なら冷蔵庫に入れなくてもOK。

トマト

・選び方 へたがピンとしていてつやがあり、全体に丸いもの。
・保存法 ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

なす

・選び方 へたがとげとげしていて紫色が濃く、つやのあるもの。
・保存法 新聞紙に包んでポリ袋に入れ、野菜室へ。
冷やしすぎると低温障害を起こすので注意!

ピーマン

・選び方 へたがピンとしていて、つやと張りがあるもの。
・保存法 水気を拭いてポリ袋に入れ、野菜室で保存します。

きゅうり

・選び方 つやがあり、みずみずしくてとげが痛いくらいのもの。
・保存法 水気を拭いてポリ袋に入れ、立てて野菜室で保存します。

かぼちゃ

・選び方 持ってずっしり重いもの。へたの部分が枯れているものが完熟。
・保存法 丸のままなら冷暗所で保存できます。
カットしたものは種とワタの部分を取り除いて野菜室へ。

にんじん

・選び方 切り口をチェックして、芽が伸びていたり黒く傷んでいるものは避ける。
・保存法 水気があると傷みやすくなるので、よく拭いてポリ袋に入れ、立てて冷蔵庫で保存します。
冬場なら、新聞紙に包んで冷暗所でも。

大根

・選び方 張りがあり、ずっしりと重みのあるもの。
・保存法 葉を根元で切り落とし、切り口にラップをする。新聞紙で包んでポリ袋に入れ、野菜室で保存します。
(葉がついたままだと、根の養分が失われてしまうので注意!)
葉は濡れ新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室へ。

かぶ

・選び方 色が白く、つやのあるもの。
・保存法 葉と根を切り分けて、根はポリ袋に入れて野菜室へ。
葉は濡れ新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室へ。

ごぼう

・選び方 まっすぐでひび割れしていない、重みのあるもの。
・保存法 泥つきのものは新聞紙に包んで冷暗所で保存できます。
洗いごぼうは長さを2〜3等分し、湿らせた新聞紙で包んでポリ袋に入れ、野菜室へ。

れんこん

・選び方 切り口が白く、穴の中が黒ずんでいないもの。
・保存法 切り口にラップをして新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷暗所で保存します。

たけのこ

・選び方 皮にうぶ毛が生えていて切り口がみずみずしいもの。
・保存法 下ゆでし、密閉容器に入れて水を張り、冷蔵庫へ。毎日水を替えれば2〜3日保存可能です。

じゃがいも

・選び方 芽が出ていたり、緑色っぽいものは避ける。
・保存法 かごなどに入れて風通しをよくし、冷暗所で保存します。
りんごを入れておくと発芽が抑えられます。

さつまいも

・選び方 ふっくらとしていて傷やでこぼこがないもの。
・保存法 新聞紙に包み、冷暗所で保存します。

里芋

・選び方 形が丸く、ひび割れしていないもの。
・保存法 新聞紙に包み、風通しのいい冷暗所で保存します。

長芋

・選び方 表面がなめらかで傷がなく、まっすぐなもの。
・保存法 丸ごとならば新聞紙に包んで冷暗所で保存します。
カットしたものは切り口をラップで包み、野菜室へ。

玉ねぎ

・選び方 皮が乾いていてつやがよく、上部が細くしまっていて身が固いもの。
・保存法 風通しの良い冷暗所で保存します。
ネットなどに入れてつるしておくとさらに長持ちします。

にんにく

・選び方 みずみずしくずっしり重いもの。つやがあり、全体が乳白色のもの。
・保存法 風通しの良い冷暗所で保存します。
ネットなどに入れてつるしておくとさらに長持ちします。

しいたけ

・選び方 カサがあまり開いておらず、肉厚なもの。カサの裏側が白いもの。
・保存法 ビニール袋に入れ、冷蔵庫へ。
日持ちしないのでなるべく早く食べきりましょう。
<<冷蔵保存のコツTOP あなたもTry!節約大作戦のトップへ 肉類編>>