引越し代の節約 [荷造りのコツ]

荷造り、梱包は業者に依頼してしまえば簡単です。が、それでは引越し料金が高くなってしまいます。安く済ませるためにはできることは自分でやりたいものです。
こちらでは、効率よく荷造りをすすめるコツや、品物別梱包の方法について紹介します。

荷造りの基本

梱包資材を準備する

引越しが決まったら、まずはダンボール、ガムテープ、ひも、軍手、新聞紙、はさみ、カッターなどを用意します。経験上、ダンボールは大小のサイズがあると便利です。引越し業者に依頼する場合は、梱包資材を提供してもらえる場合がありますので問い合わせてみましょう。

ダンボールを使い分ける

軽いものは大きいダンボール、重い物は小さいダンボールに詰めます。書籍、雑誌等はミカン箱を目安に!大きなダンボールに詰め込むと、重くて持ち上げられなくなります(^^;)電化製品は購入時の箱があれば利用するとラクです。

荷物の仕分けをする

後で整理しやすいように、部屋別・持ち主別・用途別(キッチン、お風呂、玄関など)・家具別(タンス、本棚など)・引き出し別といったように梱包しておきます。

あまり使わないものから荷造りスタート

本、シーズンオフの衣類、普段使用しない食器、物置や押入れの中身から箱詰めしていきます。逆に、最後まで必要なもの(最低限の食器、洋服、生活用品など)は引越し当日に荷造りをします。

ダンボールの外側に中身についてのメモを

ダンボールの外側に、入っている品名を記載しておくと後で整理する時に便利です。上面だけでなく側面にも記入しておくとさらに便利。また、新居ですぐに必要なものにはしるしをつけておきましょう。
ちなみに、私の場合はさらにダンボールに通し番号をふり、ダンボールの中身についてメモをとって控えとして持っていましたが、これは便利でした。

すきまのないように詰める

すきまがあいていると、ダンボールの中で荷物が動いて壊れる可能性があります。すきまがあいてしまったら中で荷物が動かないよう新聞紙等を詰めておきます。

品物別にみる梱包方法

食器類

丈夫で小さいダンボールに分けて入れます。まず、ダンボール箱の底に緩衝のために新聞紙を厚めに敷きます。食器は1つずつ新聞紙で包み、種類別に箱詰めしましょう。皿は立てて、コップ・茶碗はふせて入れます。また、大きい重い物から入れ、上段にはなるべく軽い物を入れ、食器が中で動かないようにすきまにも新聞紙入れます。最後にダンボールの目立つところに「ワレモノ」と書いておくのを忘れずに!

※引越し業者の方から教えていただいた方法ですが、食器を新聞紙で包む前にラップで包んでおくとさらに便利なんだそうです。ラップで包んでおけば、荷解きの際に食器を洗いなおす必要がないし、ラップと新聞紙で2重に包まれているので移動の際に食器が割れにくいそうです。

布団

布団袋に入れます。布団を積み上げた状態で布団袋を逆さにかぶせると簡単です。

電化製品

テレビやビデオ、ステレオ類は、配線をはずしてエアーキャップなどで厚めにくるんでおきます(業者に依頼する場合は梱包してもらえます)。配線をはずす際はコードと本体に番号をつけた紙を貼るなどしるしをつけておくと、引越先での配線が楽になります。
照明は、電球と傘がぶつからないように梱包します。

冷蔵庫

引越し前日までに中身を空にして、電源を切って扉を開けおき、霜取りをしておきます。また、製氷皿の水も忘れずに捨てておきましょう。

洗濯機

電源を抜き、排水ホースなどの水を完全に抜いておきます。

パソコン

購入時の箱がある場合は、その箱と緩衝材で梱包するのがベストです。買った時の箱が無い場合は、エアーキャップやバスタオルなどでしっかり包みます。運ぶ時は大きな振動を与えないように気をつけましょう。また、運ぶ前に必ず大事なデータのバックアップを取っておきましょう。

石油ストーブ

灯油を完全に抜き、点火用の電池も取り外しておきます。

鉢植え

引越しが近づいたら植木の水は控えめに。水が出ないのを確認した上で、口の開いたダンボールなどに倒れない様に隙間を詰めて入れましょう。万が一水が出る様なら、鉢をビニール袋に入れた上で箱に入れましょう。大きな植木については運送会社に相談しましょう。

貴重品

現金、通帳、印鑑、重要書類、保険証、カードなどの貴重品はバックなどにひとまとめにして、引越当日は身につけて自身で持ち運びましょう。ショルダーバッグやウエストポーチなどがあると便利です。

スポンサーリンク
<<引越し費用の節約 あなたもTry!節約大作戦のトップへ チェックリスト>>