引越し代の節約

引越し費用の節約

引越しの際はいろいろと出費がかさむものですが、工夫次第で費用をずいぶん安く抑えることができます。
こちらでは引越し費用節約のポイントを挙げています。

たくさんの業者に見積もりを依頼する

たくさんの業者に見積もり依頼をして、比較検討します。業者によって価格にかなりの差があるので、下調べは重要。
私の場合は、引越し業者のホームページを見て比較的安い業者に数件見積もり依頼をし、それに加えて一括見積もりサービスを利用しました。後日見積もり結果の連絡がくるので、その内容を検討して安くてサービスの良い業者を選びました。また、交渉しだいで値引きしてもらえるところもあるようです。(見積り方法について詳しく知りたい方はこちら

ダック引越センター
引越比較.com :引越し 最大8社に無料で一括見積もり。
e-ひっこし  :大手引越会社の見積もり。キャッシュバックも。
引越達人セレクト :引越会社数社への無料見積もり。

繁忙期は避ける

繁忙期(3〜4月、特に春休み期間)は割高になっていることが多いので、引越しする時期が選べる状況であれば閑散期の方がオススメです。

平日の午後に引越しするのが安い

引越し日(搬出・搬入日)は土・日・祝日よりも平日の方が安くなる場合が多いです。また、時間にこだわらなければ午前よりも午後の引越しの方がお得です。

見積もり前に荷物の量を減らす

荷物の量が少なくなればトラックも小さくなり、作業人員も減るのでその分費用が安くなります。ですから、自宅に見積もりに来てもらう前に荷物を減らしておきましょう。新居で使わないものは処分するほか、リサイクルやフリーマーケット、ネットオークションを利用して荷物を減らします。

おいくら
リサイクルショップと質屋の中古買取ネットワーク。
売りたいものの情報を1回書き込むだけでいろいろなお店から見積が返ってきます。じっくり選んで気に入ったお店に買い取ってもらえます。リサイクルショップ検索も可能。
eBOOKOFFの買取サービス
本、CD、DVDなどの買取サービス。
宅急便での集荷・コンビニへの持込もOK!
Yahoo!オークション

また、効果があるかは分かりませんが、私は心理戦を使いました。見積もりに来てもらう前に部屋をきれいに片付けてすっきり見せる工夫をしてました。部屋がごちゃごちゃしてるよりも殺風景なくらいの方が荷物が少なく見えるかも?

荷造り、荷解き、掃除などは自分で

荷物の搬出・搬入だけでなく、荷造り、荷解き、掃除などを引越し会社にまかせられるプランもありますが、それだけ費用は高くなります。荷造り・荷解き、掃除など、できることは自分でしましょう。

引越し資材は自分で用意する

ダンボールやガムテープなどの引越し資材は自分で用意しましょう。中には引越会社のサービスで無料で分けてもらえることもありますので、事前に尋ねておくといいと思います。

スポンサーリンク
<<手配・見積もり編 あなたもTry!節約大作戦のトップへ 荷造りのコツ>>