引越し代の節約 [引越しまでの流れとスケジュール]

引越しのおおまかなスケジュールをまとめました。
段取りよく進めていけば、気持ちにも時間にも余裕が持てます。
項目の詳しい内容については、各コーナーをご覧くださいね。

各手続き等を一覧表にまとめたチェックリストもあります。

1ヶ月前

新居を探す

新居を探し、契約を済ませる(詳しくは部屋探し・契約編へ)。

解約の申し入れをする

今住んでいる家の大家さんに解約の申し入れをします。1ヶ月以上前に申し入れないと別途家賃を負担しなければならないことが多いですので、あらかじめ契約書の内容を確認しておきましょう(詳しくは退去編へ)。

引越し方法を検討する

引越し業者に頼むか自分で引っ越すかを決め、業者に頼む場合は見積もり依頼をします(見積もり依頼に関しては手配・見積もり編を参照)。

持っていく荷物を決める

新居へ持っていくもの、捨てるものを決め、いらないものは早めに処分しておきましょう(詳しくは荷造りのコツへ)。
いらないものはリサイクル、ネットオークションなどを利用するのもいいと思います。

梱包資材を集める

ダンボール、ガムテープ、ひも、軍手、新聞紙などの梱包資材を用意しておきます。ダンボールは大小のサイズがあると便利です。引越し業者に依頼する場合は、梱包資材を提供してもらえる場合がありますので問い合わせてみましょう。

転校手続きをする

公立小中学校の場合は在学校で「在学証明書」「教科書給付証明書(小学校)」の発行を受けて、新住所地区の市町村区役所に提出します。また高校、中学校の場合は編入試験がありますので、転入希望校になるべく早めに相談した方がいいと思います。

2〜3週間前

電気、ガス、水道などの各種手続きをする

新居ですぐに必要なものについては早めに連絡しておきます。一方、今住んでいる側での停止の連絡もします。ガスの開栓は立会いが必要なので、早めに予約しておきます。

電話開設、移設の手続きをする

新規に電話を引く場合はNTTで権利を購入します。代行屋で格安で購入できることもあるので検討してみてもよいでしょう。
移転の場合は116に電話をかけて現在の電話番号を停止し、新しい番号の開始手続きをします。工事が必要な場合もあるので早めに連絡しましょう。
これらの手続きについては、NTTのホームページよりインターネットで申し込むことも可能です(詳しくはNTT東日本NTT西日本のHPへ)。

粗大ゴミ、不用品の処分

粗大ゴミは月の決まった日にしか回収してもらえないことが多いので、早めに確認して予約の電話を入れておきます。また、不用品はリサイクルショップやフリーマーケット、ネットオークションなどを利用するのも手です。

おいくら
リサイクルショップと質屋の中古買取ネットワーク。
売りたいものの情報を1回書き込むだけでいろいろなお店から見積が返ってきます。じっくり選んで気に入ったお店に買い取ってもらえます。リサイクルショップ検索も可能。
eBOOKOFFの買取サービス
本、CD、DVDなどの買取サービス。
宅急便での集荷・コンビニへの持込もOK!

本や季節外れの衣類などの荷造りをスタート

季節外れの衣類や本、CDなど当面使う予定のないものはこの時点から荷造りを始めておくとラクです。

1週間前

役所で各種手続きをする(要印鑑)

・役所で転出届を提出し、転出証明書をもらいます。
転出証明書は転入の際に必要なので、大切に保管しておきましょう。

・国民健康保険に加入している場合は転出証明書をもらい、旧保険証を返却します。

・印鑑登録廃止届を行います。役所に実印と印鑑登録証を持参します。

・その他福祉関係(乳児医療、児童手当、老人医療、老齢年金)の手続きを各窓口で行います。

郵便局に転送願を出す

郵便局で転送願をもらい、新住所等を記入して窓口に提出します(ポストに投函も可)。

NHKに連絡する

NHK営業所へ氏名、新・旧住所を電話連絡、もしくは最寄りの郵便局に備え付けのHNK住所変更届を記入して窓口に提出します。

保険、金融関係の会社へ連絡する

生命保険、損害保険、その他保険、クレジットカード会社、金融機関へ住所変更の手続きをします。

引越し当日まで使うもの以外の荷造りをする

当日まで使う必要最低限のもの以外の荷作りを始めます。

大掃除をする

引越し当日は忙しくてなかなか掃除ができません。遠距離の引越しの場合は引越し後に後日掃除をするということも不可能です。ですから、この段階である程度の掃除を済ませておくといいと思います。

冷蔵庫の中身を整理する

冷蔵庫の中身を計画的に使い切れるように、この時期に中身をチェックして整理しておきます。

転居先での挨拶の品、転居のお知らせの準備をする

引越し当日は忙しくてそれどころではなくなってしまうので、事前に転居先で挨拶の品を購入しておきます。また、転居のお知らせのハガキもこの時期に準備しておくのがベターです。

前日

近所、大家さんへ挨拶をする

ご近所や大家さんへの挨拶をしておきましょう。

冷蔵庫の水抜きをする

冷蔵庫は取扱説明書に沿って水抜き、掃除をしておきます。

引越し費用を準備する

引越し料金を手渡しする場合はお金を準備しておきます。大金なのでどこに入れたか分からなくならないように気をつけましょう。

当日

当日まで使ったものを荷造り

布団やパジャマ、身の回り品など、当日使ったものを荷造りします。忘れ物がないようにしっかりチェックします。

ブレーカーをおとす

電気の停止連絡の際に言われると思いますが、ブレーカーをおとしておきます。ガスの元栓、水道の蛇口もしっかりしめておきましょう。

貴重品は必ず身につけておく

作業中にどこにいったか分からなくなっては困るので、財布、通帳、保険証、印鑑、引越し費用などの貴重品はしっかり身につけておきます。ショルダーバッグやウエストポーチなどがあると便利です。

引越し後

役所で各種手続きをする(要印鑑)

転入後14日以内に転出証明書、印鑑を持参し、転入届を提出します。

・国民健康保険は、転入届を提出し新保険証の交付手続きを行います。

・国民年金は、年金手帳を持って住所変更の手続きを行います。

・印鑑登録届をします(実印が必要)。

・その他福祉関係(乳児医療、児童手当、老人医療、老齢年金)の手続きを各窓口で行います。

自動車登録変更届を行う

転入後15日以内に車庫証明、車検証、住民票、印鑑証明を持参し、車とともに陸運事務所に届け出ます。

運転免許の住所変更を届け出る

転入後15日以内に住民票、免許証(他都道府県からの転入の場合は写真も)を持参して最寄の警察署へ届け出ます。

挨拶回りをする

ご近所への挨拶回りをします。マンションなどであれば上下の階にも忘れずに挨拶しておきましょう。

スポンサーリンク
<<引越し代の節約TOP あなたもTry!節約大作戦のトップへ 部屋探し・契約編>>