まとめ調理で節約

わが家では、安い食材をまとめ買いしたら、思い切ってまとめて調理してしまうことがよくあります。
まとめて調理しておくと、食材によってはより日持ちするし、次に調理する時の手間も省けて一石二鳥♪

ここでは、わが家で実践しているまとめ調理のアイデアをいくつか紹介します。

肉・魚介類編

ひき肉はまとめて炒めて保存

まとめ買いしたひき肉は、まとめてフライパンで炒めます。味はつけてもつけなくてもかまいませんが、つけておかない方が後でいろんな料理に使えて便利です。この時、お好みの野菜をみじん切りにしたものと一緒に炒めておいてもOK。
冷めたら密閉容器に入れて冷凍します。チャーハンやオムレツ、ギョウザ、スープなど、いろいろ使えるので重宝します。

ハンバーグを作る時はまとめて

ハンバーグってタマネギを炒めたり、ひき肉をこねて成形したり、焼いたりと結構手間がかかりますよね?こういうものは、一度にたくさん作っておいてその日に食べない分は冷凍しておくと便利です。ハンバーグとして食べてもいいですし、すき焼きやシチューなどに入れてもおいしいです。
わが家では普通のサイズのハンバーグのほかにお弁当用のミニハンバーグ、ハンバーガー用の平たいものなど、まとめて作って保存しています。

豚薄切り肉はから揚げにして保存

豚薄切り肉はから揚げにして保存するのがおすすめ。1枚ずつ広げて揚げてもよし、1枚を3つ折りにしてして揚げてもよし。3つ折りにしたものはボリュームがアップして、酢豚なんかに最適です。油抜きして煮ものに加えてもおいしいです。

豚かたまり肉はゆでる

豚のかたまり肉を大量に購入したら、ゆで豚を作ります。
なべに水、長ネギ、しょうがを入れて沸騰させ、肉を入れて煮込みます。途中、アクはしっかりとっておきます。ゆで豚は冷まして冷蔵庫で保管すると、生よりも日持ちしますし(1週間程度)、その都度切ってスープやチャーシューなどいろんな料理に使えます。
また、煮汁も捨てずにスープなどに活用しています。スープも冷凍保存できます。

鶏むね肉はゆでて冷蔵庫へ

鶏ムネ肉は安く手に入ることが多いですが、実は水分が多くて痛みやすいので、加熱して保存しておいた方がいいと思います。
なべに鶏ムネ肉、水、長ネギ、しょうがを入れてゆでます。ゆで上がったら、ゆで汁につけたまま冷まします(こうすると肉があまりパサつきません)。保存する際も密閉容器にゆで汁ごと入れて冷蔵庫で保存します。
ゆでた鶏ムネ肉はバンバンジーや煮物など、幅広く使えます。ゆで汁もスープなど使えます。1週間ほどで使い切りましょう。

鶏手羽は素揚げに

鶏手羽はまとめて素揚げしておけば、1週間くらいは大丈夫です。きつね色になるまで10分ほど揚げて、さめたら密閉容器に重ならないように並べて冷蔵庫に入れておきます。揚げたて、煮物、スープなど、いろんなアレンジが楽しめます。

あじの保存1 塩焼きに

ぜいご、はらわたを取り除き、表面に切り目を入れ焼きます。冷めたらキッチンペーパーをしいた密閉容器に入れて冷蔵保存します。3日くらいで使い切ります。

あじの保存2 から揚げに

はらわた、ぜいごをとって水気をふき、軽く塩、こしょうをして小麦粉をまぶし、油で揚げます。冷めたらキッチンペーパーを敷いた密閉容器に入れて冷蔵庫へ。3日位で使い切ります。ソテーにしてもおいしいです。

野菜編

キャベツは蒸して使う

本文

見出し

キャベツ1個を丸ごと蒸す方法です。
芯をくりぬき、ラップでくるんでレンジで加熱します(100gあたり1分の加熱)。水気を切ってキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で保存します。その都度はがしてロールキャベツや煮物などに使えます。

浅漬けにする

キャベツや白菜、大根などがたくさん手に入ったら、浅漬けを作っています。ビニール袋に野菜と塩を入れて軽くもんでねかせたら、簡単浅漬けの出来上がり♪

エノキはめんつゆで

キノコ類は冷凍することも可能ですが、わが家ではこんなことをやってます。
まず石づきを取ってほぐし、濃いめのめんつゆで煮ます。冷蔵保存しておくと、箸休めやうどんのトッピングなど、いろいろ使えて便利!

その他の食材

ひじきの煮物は冷凍

わが家ではひじき煮をするときは多めに作ります。余った分は冷まして、小分けにして冷凍します。
厚焼き卵に混ぜたり、コロッケ、ハンバーグに混ぜたりと使い勝手が良いので便利♪炊きたてのご飯に混ぜてもおいしいです。

スポンサーリンク
<<節約レシピ あなたもTry!節約大作戦のトップへ 食材を使いきる>>