交通費の節約

電車・バス代の節約

近距離ならば、徒歩か自転車で

距離が近ければ、車や公共の乗り物を利用せずに徒歩や自転車で移動します。良い運動にもなって一石二鳥です。ただし、無理は禁物(笑)私の場合、学生時代は1時間くらいなら平気で歩いてバス代を浮かせていましたが、今同じことをやったらシップ代がかかってかえって高くつきそう…(^^;)

回数券やお得なカード、1日乗車券を利用

電車で同じ区間を行き来することが多い方は、回数券を利用しましょう。私がよく利用する電車では、切符10枚の金額で11回分の切符が買えます。

また電車やバスの場合、3000円分・5000円分などのカードが売られていることがありますが、中には購入額よりも多い運賃分乗車できるものもあるので、チェックしてみて下さい(ちなみに、私がよく利用しているカードは3000円で3200円分乗れます)。

それから、同じ鉄道会社の路線を1日に何度も利用するような場合は、1日乗車券を利用した方が安くすむ場合もあります。私が利用している鉄道会社では、1日乗車券が600円です。例えば、自宅から電車を使って図書館へ行き、帰りに途中下車してショッピング、そして電車で自宅へ戻るという場合、かかる交通費は、

  自宅最寄り駅 A駅 → 図書館最寄り駅 B駅:290円
  図書館最寄り駅 B駅 → C駅(ショッピングの為途中下車):250円
  C駅 → 自宅最寄り駅 A駅:250円

合計790円かかるので、1日乗車券を使った方が290円もお得です。

※鉄道会社によってサービス内容は異なりますので、よく利用する鉄道会社のホームページなどで調べてみるといいと思います。

青春18きっぷ

のんびり旅行をする時には、JRの青春18きっぷを利用してはいかがでしょうか。5枚つづりで11,500円です(2004年2月現在)。1枚で丸1日JR全線の普通列車の普通車自由席が乗り降り自由です。1人で5日分使ってもいいですし、グループで使うこともできます。春季・夏季・冬季の期間限定で発売されています。ちなみに年齢制限はありません(以前まで「青春18きっぷ」なので高校生までしか使えないのかと思ってた私…)。
私も東京から九州までmao彼と1日かけて移動した覚えがあります。始発で出発して終電でたどり着くようなものだったので「旅」どころではありませんでしたが、青春18きっぷを使えば片道2300円で帰省できました(笑)今度は電車でのぶらり旅に利用したいですね。

飛行機代の節約

お得な割引を利用

各航空会社のホームページでは、さまざまな割引運賃やサービスが設定されているので、とことん利用しましょう。

 ・バースデイ割引:誕生日前後1週間の運賃が安くなる。
 ・バーゲンフェア:期間限定の割引サービス。
 ・前売り:早めの予約で割引がある。
 ・特便割引:特定便の運賃割引。
 ・E割:インターネットで予約すると割引になる。

割引サービスは人気で数に限りがあるので、しっかりチェックしておくといいと思います。

マイルを貯める

マイレージサービスに入会すると、航空便の搭乗、ホテルでの宿泊、レンタカー、買い物などでマイルがたまります。たまったマイルは往復特典航空券などと交換できます。
飛行機を利用する機会の多い人におすすめです。

車費の節約

重いものを乗せっぱなしにしない

車に余計な荷物を積みっぱなしにしておくと、重さのせいで燃費が悪くなり余計にガソリン代がかかります。整理整頓を心掛けましょう。

走り方に気をつける

急発進・急停車、空ふかしは多くのガソリンを使います。一定の速度で走るようにすると良いそうです。

ガソリンスタンドはセルフで

セルフのガソリンスタンドは安いです。私も初めはやり方が難しいのではないかと抵抗がありましたが、説明書きどおりにやってみると意外と簡単でしたよ♪

駐車料金を節約

デパートなど、お店によっては駐車料金をとられることがあります。買い物すると無料になったりしますが、どうしても買いたいものがない時は商品券を購入します。駐車料金はタダになり、商品券は次回の買い物に使えるというわけです。

優良ドライバーを心掛ける

優良ドライバーであれば免許証の更新は5年に1度。更新手数料や試験場までの交通費節約になります。安全運転を心掛けましょう。

スポンサーリンク
<<日用品の節約 あなたもTry!節約大作戦のトップへ 医療費の節約>>