家庭菜園のススメ

趣味と実益を兼ねて、家庭菜園にチャレンジしています。
家庭菜園って難しいんだろうなと思っていましたが、中には簡単に育てられる野菜もあります。
まずは野菜の再生からチャレンジすると、失敗が少ないです。
ここでは私が育てている野菜や、その方法を紹介したいと思います。

野菜を再生させる

大根

首のところで切り取り容器に水を張ってつけておくと、新しい葉が伸びてきます。炒め物に加えたり、お味噌汁の具にしたり、ちょっと青みがほしい時などに便利♪
水はこまめにかえてあげます。根元がヌルヌルしてきたら茎を取り除き、きれいに洗ってあげましょう。

にんじん

大根と同様、首のところで切り取って水につけておくと、新しい葉が伸びてきます。
葉っぱがかわいいので、パセリのような感覚でサラダやスープの色味に使ったりしています。観賞用でもいいかも♪

水菜

根元を3cm残して切り水につけておくと、新しい葉が出てきます。ヌルヌルが出やすいので水は少なめにし、こまめに水を取り替えてあげます。
そのまま水耕栽培でもOKですが、10日ほどすると根っこが出てきたのでプランターに植え替えてみましたが、ちゃんと根付きます。

ネギ

買ってきたときに根っこがついていたら、根から3〜4センチ上のところで切ってプランターや植木鉢に植えておくと、新たな芽が出てきます。2週間も経たないうちに収穫可能です。ちょっと薬味が欲しい時に便利!
写真は植えて約1週間のころ。15cmほどの高さに成長しました!

白菜・キャベツの芯

中心の芯の部分は少し葉を残したまま水を張った容器につけておくと、葉っぱが伸びてきます。お味噌汁の具などに使っています。
ちなみに写真は白菜。プリンの空き容器で育ててます(笑)

ミツバ

ネギ同様、根から3〜4センチ上のところで切ってプランターや植木鉢に植えておくと、新たな芽が出てきます。

ニンニク

いつの間にか芽が出てることってありますよね。こんな時はすかさず土に植えておくと、ニンニクの芽が収穫できます。

豆苗

根元の1センチくらいを残してカットして水を張った容器につけておけば、再び芽が出てきます。生命力強いです。

ベランダでハーブを育てる

ハーブは比較的育てやすいものが多く、料理などにも使えるので便利です。私が育てたことのあるハーブはバジル、スペアミント、イタリアンパセリ、ローズマリー。他のハーブにも挑戦してみたいなと思っています。

バジル

簡単に育ちます。園芸店で100円くらいで苗を購入して鉢に植えたのですが、全く手がかかりませんでした。水さえちゃんとあげておけばぐんぐん成長します。
収穫したバジルの葉は、パスタやピザに使えます。また、バジルの葉とニンニクを刻んでバターに練りこみ、バジルペーストも作れます。手打ちのバジルパスタもおいしいです。また、葉をよく乾燥させて保存することも可能です。かなりオススメのハーブです。

スペアミント

生命力がとても強いです。3年ほど前に100円で苗を購入。今でもしっかり育っています。アイスやケーキの飾りに使ったり、クッキーに混ぜたり…。また、ガーゼに包んでお風呂の湯船に浮かべるだけで入浴剤にもなります。

イタリアンパセリ

こちらも3年ほど前に苗を購入して育てていたのですが、今でも元気です。途中花が咲いて種をつけ、こぼれ種で一気に増えています。とても簡単に育てられます。
葉は生のままサラダに加えたり、刻んでスープに加えたりと用途が豊富で重宝しています。

ローズマリー

こちらもほとんど手がかかりません。買ったときは小さな苗だったのに、いつの間にか木のように大きく成長しています。
収穫したローズマリーはお肉を焼く時に加えると、臭みが消えておいしくなります。また、オリーブオイルに漬けておくと、香りのよいオイルが。パスタなどを作る時に便利です。

野菜を育てる

種からまいて育てる方法と、苗から育てる方法があります。

種から育てる場合

まず、種を買ってきます。園芸店やホームセンターなどの他、100円ショップにも売っています。種の入っている袋に種を撒く時期や育て方のポイントが書いてあるので、それを参考にしました。種をまいたらきちんと間引きして、大きく育てるのがコツだと思います。いつも間引くのがもったいなくて失敗してしまうのですが…。種から育てたことのある野菜は、ほうれん草、小カブ、チンゲンサイです。

苗から育てる場合

園芸店やホームセンターで苗を買ってきて、プランターに植えました。苗と苗の間隔を狭くしすぎないように植えます。個人的には苗から育てた方が確実に育つような気がします。苗から育てたことのある野菜はブロッコリーだけなのですが、とても大きく育ちました。ポッコリとブロッコリーができた時にはかなり感動!他の野菜にも挑戦してみたいと思っています。

スポンサーリンク
あなたもTry!節約大作戦のトップへ mao家の家庭菜園>>