年スパンでみた家計管理

年間収支を記録する

1ヶ月間の収支は、1〜12月までの家計を1つの表にまとめた年間収支表を作って記録しています。

毎月の収支結果を記録する

毎月の収支結果は、年間収支表に記録していきます。
年間収支に関しても、私はExcelを使っています。
1〜12月まで毎月収支を記録していると、年間のお金の流れが分かります(例えば、年末年始は食費・交通費がかかる、夏・冬はエアコン代がかかるなど)。
この年間収支表をもとに翌年の予算を立てることができ、より計画的に予算管理ができるようになります。

長期的にみた出費について

毎月定期的に出ていくものではなく、年に1度、2度あるいは数年に1度などの割合で定期的にでていく支出もあります(年払いの保険や税金、車検など)。わが家の場合はmao彼の授業料がそれにあたります。
このような長期的にみた支出に関しては、毎月積み立ててまかなうようにしています。
ボーナスなどが支給される場合は、ボーナス分をそういった支出にあてるという方法もありますが、わが家の場合はそうもいかないので(^^;)

このような支出に関しても、計画的に積み立てておく必要があります。

突然の出費について

いくら計画的に予算を立てたり積立をしておいても、やっぱり予想外の出費はつきもの。冠婚葬祭などの交際費や、家電製品の買い替えなどがそうです。
このような突然の大きな出費に備えて、わが家では「特別支出」として毎月2万円ずつ積み立て貯金しています。
給与が振り込まれる口座とは別の口座に毎月貯金しています。

スポンサーリンク
<<毎月のお金の流れを把握 あなたもTry!節約大作戦のトップへ mao家の家計簿>>