節約と私 [大学生活]

節約・貯金を意識し始めたのは、大学生になってしばらく経ったころでした。最初のころは節約とは程遠い生活をしていました。

大学に入学すると同時に奨学金を借りました。授業料と奨学金の額がほぼ同じだったので、奨学金は授業料に充てることに。欲しいものはいろいろあったし、両親にはできるだけ負担をかけたくなかったので、自分のおこづかいは自分で稼ごう、そんな思いから私がまず行ったことはアルバイト探しでした。

大学1・2年生の頃は、月々平均で4〜5万円くらいアルバイトで稼いでいました。でも、貯金はほとんどゼロ。何に使っていたのかというと、パソコンのローンに月2万弱、それからPHSに月1万円、自動車学校への通学代、服、化粧品、友達との付き合い、小旅行といったところでしょうか。まさしく、節約とは無縁の生活(^^;)遊びたい盛りの年齢ですし、それはそれでいい経験をしたと思っています。

毎月定期的に貯金を始めたのは、大学3年生の4月からです。
その時期はいろんなことが重なっていたような気がします。

貯金を始めた一番のきっかけは、奨学金の返済。大学生活も折り返し地点で、大学での卒論のテーマを決める時期にでした。「卒業」が近づくということは、就職、そしていずれは結婚も…そんなことを考えていました。
その時に重く感じたのが奨学金の返済。40歳近くまで返し続けなければならず、それを背負ったまま結婚することにものすごく抵抗がありました。

アルバイト代が急激に減ったのもこの頃でした。当時家庭教師をしていたのですが、受けもっていた子が無事に志望高校に入学しました。嬉しいのと反面、家庭教師の時間は週3回から1回になり、家庭教師だけではやっていけなくなったのです。
いままでムダに使ってた分のお金、貯めておけば良かった…。つくづくそう思いました。

そして始めた貯金。
最初の頃は月々5,000円の貯金でした。当時の通帳をみてみると、アルバイト代が16,000円、そのうち5,000円を貯金という形です。
それから数ヶ月たってかけもちのアルバイトが見つかり、月2万円の貯金に。
大学4年生になり就職が決まったあとは、さらにかけもちで週1回の家庭教師のアルバイトを始め、貯金のノルマは月3万円に。

ただひたすら頑張ってお金を貯めて奨学金を早く返したい、その一心で大学時代にコツコツとためた貯金は約70万円でした。
貯金が増えていく楽しさを知ってしまったのが、ちょうどこの頃でした。

スポンサーリンク
<<節約と私TOP あなたもTry!節約大作戦のトップへ ひとり暮らし>>