出産でもらえるお金

妊娠・出産には出費がつきものですが、出産にあたって自治体などからもらえるお金があります。もらい忘れたら損!!出産前からしっかり確認しておきましょう。
(自治体によって多少内容が異なる場合がありますので、詳細は自治体に問い合わせることをおすすめします。)

出産育児一時金

制度について

出産したら、健康保険から支給されるお金。本人あるいは配偶者が健康保険に加入していれば、健康保険の種類にかかわらず誰でももらえます。
もらえる金額は、子ども1人につき原則35万円。健康保険組合のある会社や自治体によっては、35万円以上になることもあります。

手続きの時期

出産の翌日から2年以内

手続きの仕方

【会社の健康保険の場合(任意継続の場合も)】

1. 会社の健康保険組合に加入している場合は、会社から申請用紙をもらう。 そうでない場合(政府管掌保険に加入している場合)は、社会保険事務所で申請用紙をもらう。

2. 出産をした医療機関で必要事項を記入してもらう。

3. 申請用紙に必要事項を記入後、会社あるいは社会保険事務所に提出。

【国民健康保険の場合】

1. 住んでいる市区町村の役所から「出産一時金支給申請書」をもらう。

2. 出産をした医療機関で必要事項を記入してもらう。

3. 申請用紙に必要事項を記入し、国民健康保険証、母子健康手帳、印鑑、通帳(振込先銀行口座のわかるもの)を持って市区町村の役所で手続きをする。

ひとこと

・ もし退職して夫の扶養に入っていても、退職から出産までの期間が6ヶ月以内であれば自分が加入していた健康保険に申請することもできます。ただし、退職前1年以上にわたり継続して本人として健康保険に加入していることが条件です。

・多胎の場合は35万円×人数分もらえます。

・死産や流産の場合でも、妊娠4ヵ月(85日)以上であれば支給されます。

私の場合

私の場合、妊娠判明時はパート社員(マオットの扶養には入っておらず)だったのですが、つわりがひどくて退職。以来、政府管掌の健康保険を任意継続していました。

申請用紙は、妊娠中に郵送で送付してもらいました。
「出産育児一時金の支給申請書が欲しい」旨を書いたメモを返信用封筒とともに送ったところ、申請用紙が送られてきました(社会保険事務所に問い合わせたところ、そうするように言われたので)。

出産後、産院で必要事項を記入してもらい、社会保険事務所に郵送にて申請(郵送で申請できるかどうかは要確認)したところ、 申請後、3週間ほどで口座に振り込まれました。

出産手当金

制度について

本人が会社の健康保険や公務員の共済組合に加入している場合にもらえます(専業主婦や国民健康保険加入の方は対象外)。
会社を退職しても、健康保険を任意継続している人や、退職前に健康保険に継続して1年以上加入していて、退職した翌日から6ヶ月以内に赤ちゃんを出産した人にも支給されます。
日給(標準報酬日額)の6割×(産前42日、産後56日分)がもらえます。

手続きの時期

産休開始から2年以内

手続きの仕方

1. 会社または社会保険事務所から「健康保険出産手当金請求書」をもらう。

2. 出産した医療機関で、申請用紙に必要事項を記入してもらう。

3. 産後の産休期間56日間が過ぎたら、会社に必要事項を記入してもらう。

4. 申請用紙に必要事項を記入して、会社あるいは社会保険事務所に提出。

ひとこと

もらえる金額は基本的に日給(標準報酬日額)の6割×(産前42日、産後56日分)ですが、もし予定日より早く生まれたらその日数分減り、逆に予定日より遅れると42日分より増えることになります。

私の場合

私の場合、政府管掌の健康保険を任意継続していました。
申請用紙は、出産育児一時金と同様、妊娠中に郵送で送付してもらいました。
出産後、産院で必要事項を記入してもらい、社会保険事務所に郵送にて申請しました(郵送で申請できるかどうかは要確認)。
(会社を退職していたので、手続き3の「会社に必要事項を記入してもらう」必要はありませんでした。)
申請後、3週間ほどで口座に振り込まれました(出産予定日よりも7日遅れたので、49日分もらいました)。

児童手当金

制度について

こどもが生まれると、「児童手当」というお金がもらえます。育児費を補うために、公的年金制度から子どものいる家庭に支払われる手当金で、小学校3年生の3月までもらえます。
もらえる金額は、子ども2人目までは1人あたり月5,000円、3人目以降は月1万円ずつ。2月、6月、10月の年3回、4ヶ月分がまとめて支給されます。
2007年4月より、3歳未満の児童の児童手当額が一律10,000円となりました。

手続きの時期

生まれてすぐ。
申請した翌月分から支給されます。
※申請が遅れると、申請前の分はさかのぼって支給されません!

手続きの仕方

1. 厚生年金・共済年金の人は、職場で年金加入証明書をもらう。
(国民年金の人は必要なし。)

2. 年金加入証明書と印鑑、申請者の預金通帳、免許証などの本人確認の書類を持って役所で手続きをする。
共済年金の人は、役所ではなく共済年金の窓口で手続き。

ひとこと

・申請した翌月分から支給されるので、月末に出産した場合は早めに申請しましょう。申請が翌月になってしまうと、支給されるのは翌々月分からとなってしまうので注意。

・所得制限があります。 扶養家族数や加入している年金によって所得限度額が異なるので、役所に確認してみましょう。

・もし所得制限のために支給されなくても、年収が減少したり扶養家族が増えたりすると翌年は支給されることもあります。審査は1年ごとにあるので、毎年確認してみましょう。もちろん、その逆のケースもあります。

私の場合

当時は国民年金に加入していたので、出生届を提出した日に役所の窓口ですぐに手続きができました(マオットに手続きをしてもらいました)。

スポンサーリンク
<<妊娠出産にかかる費用 あなたもTry!節約大作戦のトップへ 出産準備用品の節約>>